【スタートアップ必見!Growth Hack】A/Bテストを行う適切なタイミングとは

こんにちは。
アッションの山田です。

昨今、Growth HackA/Bテストリーンスタートアップなどといった言葉がスタートアップ・ベンチャー界隈でバズワードとなっていますが(A/Bテストは大手企業を含めほとんどの企業で取り組んでいますが)、グロースハックにリソースを割くためのタイミングを間違ってしまったり、まだまだプロダクトマーケットフィット出来ていないのにスケールしようとし、A/Bテストを行っても効果が出ずに失敗してしまうパターンも多くあります。

そこで今回はスタートアップがどのタイミングでA/Bテストを高速で行いスケールしていくべきかについて弊社アッションが1000件以上のA/Bテストを行って来た経験を含めご紹介できればと思います。

 

■スタートアップの3段階

スタートアップの段階に関してはVASILYさんのこちらの2つの記事がよくまとめられていますが、
大きく分けると以下の3つの段階があります。

【参考記事】
http://growthhack.vasily.jp/2015/01/startup-roadmap/
http://growthhack.vasily.jp/2014/05/ultimate-guide-for-growthhack/

Lean Startup
→まずはサービスをローンチし、構築-検証-学習の順でサービスを改良していく。

PMF(プロダクトマーケットフィット)
→そのプロダクトが市場ニーズを満たしているか

Growth Hack
→お金をかけずにサービスを一気にスケールさせる

 

その中で、グロースハックを始めるタイミングとしてVASILYさんは下記記事で、
http://growthhack.vasily.jp/2014/05/ultimate-guide-for-growthhack/

引用:
具体的には、
「あなたは、このサービスがなくなったら心底困りますか?」
「あなたは、このサービスに100円払いたいと思いますか?」
といった質問をし、「心底困る」という返答や、「100円払う」という返答を何%のユーザーがしたのかでもって測定します。
経験則的にこれが40%以上ないと、いくらグロースハックしても無駄です。

と述べられていますが、
私はそれに加え、マネタイズが重要になるスタートアップには

現状のKPIを達成出来たかを一つの判断基準にして貰えればと思っています。

安易にKPIを達成するためにグロースハックしようというのは間違っています。
本質はVASILYさんと同じ事だと思いますが、適切なKPIを設定し達成できていればそのプロダクトは市場ニーズを満たしていると言っていいでしょう。

もちろん各社各様のKPIがあり、グロースハックには各社各様のタイミングがありますが自社で設定した一度自社で設定したKPIを達成したタイミングがグロースハックで3倍、4倍にスケールし、成長していくタイミングだと思っています。

■まとめ

 弊社でも下記サービスを運営するスローガン株式会社様などのお客様がいますが適切なタイミングでABテストを行い、ファーストビューの変更テストやボタンの変更テストからメルマガ流入ユーザーへのテストやヒートマップ併用テストなど様々なテストを行いグロースしています。

https://www.goodfind.jp/

これからA/Bテストを行いユーザー増加、CV増加を考えている。
でも費用はあまり割けない、そんなスタートアップ企業の皆様へ

【格安・高機能】ABテストツールvisual website optimizerはこちら
http://www.assion.co.jp/lp/05/