A/B test Google Analytics LPO

【徹底比較】AnalyticsV.S有料ABテストツール

Webマーケティング担当者にとって、

コンバージョン率改善は必須とも言えるでしょう。

そして、その改善のためにA/Bテストを行いますよね? 

ID-100263770

ページのヘッドラインの内容を変えたり、コンテンツを増やしたり減らしたり、

構成を変えたり他には、購入ボタンなどの色や文言を変えたりと、

様々な点についてパターンを作り、

CVRを向上させるためのテストを行うかと思います。

そんな時によく使われるのが、

Googleアナリティクスでのウェブテストではないでしょうか。

Googleアナリティクスのウェブテストは無料で使える上いろいろな

機能がついていて非常に便利なツールなのですが、

ホームページの構造によっては使用ができなかったり、

ドメインが変わると計測ができなかったりと、

使いづらい部分があるのも確かな事です。

また、PDCAを次々と回していくABテストに向いているかというと

答えはノーです。

なぜなら、高速でPDCAサイクルを回す際にはWEBページを大量に生産して、

ABテストを実施していかなければいけなく、

エンジニアへの負担や時間がかかるからです。 

具体的には、Google アナリティクスの場合は、

テストをするページをURL毎にエンジニアが作成し、

URL別にユーザーに対して出し分けなければいけません。

そのようなお悩みを持つ方々に今回ご紹介したいのが有料ではありますが

それらの問題を解決してくれる、三大ABテスト・ツールの利用です。

※注意※三大ABテスト・ツール:よく話題にあがる次の三つのABテスト・ツールのこと

 

・Plan BCD(Kaizen Platform)

・Optimizely

・VWO (Visual Website Optimizer)

 

三大有料ABテスト・ツールでできること

 

・ヘッドラインのA/Bテスト

・文言やボタンのサイズ、色のA/Bテスト

・ランディングページ内の構成の違いのA/Bテスト

・ランディングページの長さの違いのA/Bテスト

・申込みや成約完了以外にもクリック数など様々な指標のA/Bテスト

 

などといった様々なA/Bテストを簡単かつ素早く行うことができます。

しかも、ボタンの大きさを変更したり、文言の内容を変更するくらいの簡単なテストであれば、

タグを埋め込むだけでテストが可能です。

※ABテストの内容によっては画像が必要

 

実際にどのABテスト・ツールがいいかはこちらのブログをご覧ください。

三大ABテスト・ツールの違いを徹底的に比較しています。

http://www.assion.co.jp/blog/optimizely-vs-planbcd-vs-visualwebsiteoptimizer/

 

結局どれを選べばいいの?

上記ブログを読まれた方もどれも優秀なツールですので

大した違いがなさそうに感じるかと思います。

どれを選ぶかは判断軸によると思いますが、

個人的な感想ではありますが

クラウドソーシング機能を使いたいならKaizen、知名度ならoptimizely、

料金と機能を取るならVWOといったところでしょうか。

繰り返しになりますが、CVRを改善したいならGoogle アナリティクスは大変便利ですが、

ツールのご検討をぜひともおすすめします。

疑問点等ありましたら1000件以上のABテスト経験があるアッションへご連絡ください。

なんで簡単にテストをできるの?

ABテストをやるとしたらどうやったらいいの?

といったどんな疑問にもお答えします。

「有名他社ツール徹底比較資料」 
以下のフォームより必須事項を入力してください。

例:株式会社アッション

例:田中太郎

例:example@abc.co.jp