【A/Bテスト・LPO】恋愛とLPOは似ている!?

告白集10選

突然ですが、みなさんには好きな人はいますか?

そしてその好きな人にどのように自分の気持ちを伝えていますか?

偉人やドラマでは”I love you”をこのように表現しています。

①「月が綺麗ですね」(by夏目漱石)

②「頼むから黙って、ただ愛させてくれ」(byジョン・ダン)

③「片思いでもいいの。二人分愛するから。」(出典:荒野を歩け)

④「残念ながら、私はあなたといると幸せなんです。」(出典:やまとなでしこ)

⑤「僕は、もう逃げません。桜子さん、あなたが好きです。たとえ明日、あなたの気持ちが変わったとしても。」(出典:やまとなでしこ)

⑥「君なしじゃ幸せはありえない」(出典:50回目のファーストキス)

⑦「私は一歩一歩、あなたへ近づくために歩いてきました」(出典:SAYURI)

⑧「僕は死にません! あなたが好きだから…僕は死にません! 僕が…幸せにしますから! (出典:101回目のプロポーズ)

⑨「晃のためなら あたし天使になる」(出典:天使なんかじゃない)

⑩「俺にしとけよ」(出典:花より男子)

あなたは①~⑩どれがお気に入りですか? 同じ気持ちを伝えているつもりでも、言葉を少し工夫するだけで利き手側のとらえ方は全く異なったものとなりますよね。 これを読んだ方は是非、大切な人に自分なりの表現で気持ちを伝えてみてはどうですか。

LPは告白するつもりで作ってみよう

この原理はLP(ランディングページ)制作にも応用できます。 例えば、低価格が売りの車のランディングページを作る際に、 「破格の安さ」と表現するのか「定価の30%off」と表現するのでは顧客のとらえ方は違ってきます。どのようなフレーズを使うかによってコンバージョン率は大きく変わってくるのです。

顧客を自分の大切な人に置き換え、自分の考えが一番伝わるフレーズを考えてみましょう。

A/Bテストの重要性

どのようなフレーズが有効なのか確かめるため、最適なランディングページを作る(LPO)ために今注目されているのがA/Bテストです。 A/BテストとはAとB、2つの違ったものを見せて、そのどちらの方がよかったかを計測するテストです。 よくサイトを制作していると、「この言葉がいいかな、それともこちらの方がいいかな、いややっぱりあっちがいい‥」などといたずらに時間を過ごしてしまうことがあります。A/Bテストを使えばそうした非効率な思案から解放されます。かつテストを繰り返すことで最適なサイトができるのです。

サイト制作に関わるすべての方

これからは、自社のサイトを上手く運用していく会社が伸びていく時代になりました。しかしうまくサイトを運用できている会社は現状ではまだ多くはありません。 始めるなら今です! ぜひ一度A/Bテストに興味を持っていただき、顧客の心に刺さるサイトを作ってみてください。

banner_main2