A/B test LPO

【web担必見】テストだけでない効果的なA/Bテストツール活用方法

こんにちは。
株式会社アッションの平光です。

大企業からスタートアップまで幅広く活用されてきているA/Bテスト。
そのPDCAを高速で回すためにA/Bテストツールを活用する企業は多くなってきています。

周りの会社がやっていて成果が出てるから、競合のあそこがやっているから、様々な理由でA/Bテストを実施していこうかなという担当者は多いのではないでしょうか。
また、いずれやっていかないといけないけど、現状どのように活用したらいいかもわからないという方も多いのではないでしょうか。

今日は、そのような担当者の方に向けて、
A/Bテストの活用方法を、今まであまり知られていなかったような方法も含めご紹介します。

 ID-10074108

その1:フォームページの改善

A/Bテストの活用法で最も初めに頭に浮かぶのが既存ページの最適化でしょう。現在あるページのキャッチコピーやFVをテストしCVRを向上させるのが一般的ですが、既存ページの改善の中で最も効果が高いのはフォームページの改善です。フォームページはCVに最も近いページであるため、このページの最適化はCVに直接影響を与えます。

またその他ページの効果的なA/Bテスト事例は下記を参考にしてください。
http://www.assion.co.jp/blog/13ways-of-lpo/

 

その2:ページリニューアルに向けての最適化

こちらの活用法はあまり知られていないと思います。
A/Bテストは今あるページの最適化ではなく、
ページリニューアルに向けても効果的に活用することができます。
ページリニューアルには莫大な費用が掛かります。
しかし、そのページが売れるページになる保証もないのに高い額を支払うのは勇気がいる決断ではないでしょうか。
その際にA/Bテストを活用することが効果的なのです。

具体的にはリニューアル後のページをイメージし、
どちらのパターンがいいかをテストし模索していくことで、
リニューアルの方向性を定めることができます。
また、リニューアル後の売上の見通しも立てることができるため
積極的にページリニューアルに取り組むことができます。

実際にこのようにご活用いただいている大手化粧品会社さんもございます。

 

その3:特定のユーザーへのページの出しわけ

異なる地域ごとのユーザーにページを出しわけるというLPOツールのような活用の仕方もあります。
こちらは各ツールの機能にもよりますが、弊社VWOは地域ごとにページを出しわけることができます。
改善の前にそのユーザーにとっての最適なページを表示することが大切ですね。

実際に人材会社さんでこのような活用をしただいております。

 

その4:時間や曜日ごとのページの出しわけ

こちらも上記と同じように既存のページの最適化ではなく、LPOツールのような活用の方法です。
例えば土日限定のセールのみ9時から18時の営業時間のみなど、別のページを表示するという活用ができます。

実施には大手ECサイトを運営している方や、弁護士等の士業をされている方にこのような使い方をしていただいております。

 

いかがだったでしょうか。
通常行うようなA/Bテストとは違った活用の仕方も交えてご紹介しました。
弊社ツールVWOはセグメントの機能が秀逸であるため、ここでご紹介した以外も様々な機能があります。
無料トライアルも行っておりますので是非お問い合わせください。

 banner_main2