Google Analytics

Google Analyticsのnot providedから検索キーワードを推測する方法

今回はGoogle Analytics関連で質問が多い、not providedとは何か?どう解析したらいいのか?について説明します。

google ssl

not providedとは何か?

まずnot providedとは何なのかについて説明します。

そもそもnot providedはGoogle Analyticsの「トラフィック」⇒「検索」⇒「オーガニック検索」から確認できるデータです。

Webサイトがどのようなキーワードで検索されているかがわかるレポート画面にもかかわらず、

「not provided」と表示されてしまうのです。

 

not providedという英語をそのまま日本語訳すると「提供されなかった」となります。

not providedとはその言葉の通り、どんなキーワードで検索されたのか情報をもらえなかった状態を指します。

 

ではどういうときにユーザーは「not provided」、情報を渡さない状態、になるのでしょうか。

それは「検索ユーザーがGoogleアカウントにログインした状態で検索した場合」です。

Googleは日本において2012年3月からGoogleアカウントにログインしたユーザーの検索結果をプライバシー保護の観点からSSL化しています。

SSLとはなにか?についてはこちらのページをご確認下さい。

 

また、詳細は割愛しますが各種ブラウザではGoogleアカウントにログインしていないユーザーの検索結果SSL化にも励んでいますので、

今後not providedの全体に占める比率は上昇していくと思われます。

not providedになってしまったキーワードを推測する方法は?

not providedと表示されているからといって、それでお手上げか?というとそうではありません。

いくつかキーワードを推測する対処法はありますが、その中でアッションが実際に活用し有効だと思っている方法をご紹介します。

それは「ランディングページからキーワードを推測する」というものです。

実際のフロートしては下記のとおりとなります。

 

1. 「トラフィック」⇒「検索」⇒「オーガニック検索」を選択する

オーガニック検索レポート画面

 

2. 「セカンダリディメンション」で「トラフィック」⇒「ランディングページ」を選択する

こうすることで各検索ワードで検索したユーザーが最初にみたページ(検索結果でそのワードで表示されていたページ)が把握できます。

オーガニック検索 ランディングページ絞り込み画面

 

3. not providedとなってしまったユーザーが最初に見たページからキーワードを推測する

ランキングページとはこの場合は検索結果画面からユーザーが最初に見たページですので、

そのページが上位表示されそうな検索キーワードを推測すればnot providedとなってしまったユーザーが検索したであろうキーワードを推測することができます。

not providedとなっている箇所

上図の赤枠の場合だと「/ranking/saitama」という「埼玉県のプリスクールランキング」ページに検索画面からユーザーが流入しているので

「プリスクール 埼玉 ランキング」であったり

「プリスクール 埼玉 口コミ」というキーワードでユーザーは検索したんだろうと「推測」出来ます。

結論:not providedを活用することでより正確な解析が可能に

Google Analyticsに表示されているキーワードだけでなく

not providedで検索されたキーワードを推測することで

どんなキーワードでユーザーが流入しているかをより正確に把握することができるようになります。

 

また、ランディングページを元に検索キーワードを推測することは

サイト運営者にとってユーザーの気持ちを理解するきっかけになります。

 

not providedを正確に理解することで

  • 解析する上でのデータ数が増え、正確さが向上する
  • ユーザーの検索ニーズを想像し、サイト改善に役立てられる

という2つのメリットがありそうです。

集めたユーザーを売上につなげるための実践的解析入門