A/B test LPO

【LPOを行う方必見】ABテストツールでできる!デザイン最適化方法7選

「ガタカ」という映画をご存知でしょうか?
人類の個人情報が「遺伝子レベル」で管理されている世界を描いた作品です。

映画のワンシーンで、眼球で個人情報を識別し、最適な広告を看板に配信する場面があるのですが、そんなSFの世界が起こりえる可能性を秘めており、「日本人全員の1.2億通りに配信できるかも!」と比喩する事ができるWEB広告事情。

そんなWEB広告業界の中で、成果を出す為に弊社が考えること、活用次第で大活躍できると確信している、弊社A/BテストツールVWO(Visual Website Optimizer)のセグメント機能をご紹介します。

広告配信は「個人」に向かっていますが・・・

DSPや、ABテストツールのDMP連携、自社DMPの開発など、
「A/Bテスト、LPO」に合わせて「DSP、DMP」というワード度々登場します。

さて、この「DSPやDMP」ですが、
存在目的は、「WEB広告配信においてより精度の高い個人最適化を行う為」だと思っています。

具体的には、
「あるサイトAに訪問した東京都目黒区在住の30代女性にキャンペーンバナーを配信」
というように、より絞り込まれたユーザー属性に対してバナーやLPを配信する事ができますよね。

しかし、セグメントを細かく分けて配信したとしても、果たしてランディング先はユーザー心理を考慮したものとなっているのでしょうか?

筆者の感覚値ですと、配信は出来ているけども、肝心のランディング先のクリエイティブに関しては、ファーストビューの文言を、「30代目黒区にお住まいのあなたへ」
という具合に、キャッチコピーだけ入れるというレベルでしか作り込めていない気がします。

例え、「20代・30代」しか判別できないとしても、「今の20代はこんな事を考えているから、こういったキャッチコピーをクリエイティブに埋め込もう」など、ユーザーのニーズや・心理を熟慮したページを作成した方が、改善のインパクトは大きくなると考えています。

具体的にどういった考え方でユーザー心理を追求していくかというプロセスは、後の記事におまかせするとして、

弊社の取り扱っているVWO(Visual Website Optimizer)のセグメント機能を活用すれば、
十分に配信の最適化、ページの最適化を行なって頂けます。

VWOで活用できる、便利なセグメント機能一覧

VWOでは、16種類のセグメント分け配信を行う事が可能です。
その中でも、特に活用して頂く事の多い機能を7つピックアップしてみました。
簡単な活用例も記載しています。

1.モバイルデバイス(タブレットも化)別配信

機能;
iPhone, Android、など、モバイルデバイス別にページを表示させる
※レスポンシブWEBデザインのサイトでも問題なく配信されます。

活用例;
スマートフォン(iPhone, Android)ユーザー向けに、電話タップボタンを目立たせて、
電話でのコンバージョン数を獲得する。

2.リファラー別配信(SNSからの流入も判別可)

機能;
ある特定のページから来訪したユーザーに対してページを表示。
SNSから来訪したユーザーに対して表示させる事も可能です。

活用例;
アフィリエイトサイトから来訪したユーザーに対して、
「期間限定キャンペーン」の訴求を行なったページを表示させる。

活用例2;
Facebookから流入したユーザーに対してランディングしたユーザーに対して、「いいね!」ボタンを増やし、コンテツの拡散を促す

3.訪問履歴別配信(新規ユーザー・再訪ユーザー)

機能;
ユーザーの訪問履歴に応じてページを表示

活用例;
新規ユーザーに対して、縦長のランディングページを表示。
再訪ユーザーに対して、ディスカウントなど、期間限定の特定を表示させ、購入の先延ばしを防ぐ。

活用例2;
会員制サイトにて、再訪ユーザーに対して会員登録のメリットを打ち出し、登録ページへの遷移を促すポップアップを表示させる

4.クエリパラメータ別配信

機能;
URL最後尾の「?sourceid=」など、「?」で始まるURL末尾の変数の情報を元にしてページを表示させる

活用例;
ECサイトにて、特定の商品名を検索したユーザーに対して、
「このサイトで購入すると、◯◯がもらえる!」など、他サイトの差別化を図るページを表示させる

5.IPアドレス別配信

機能;
IPアドレス別にページを表示

活用例;
東京都の港区在住のユーザーに、「港区にお住まいのお客様の声」など、
よりお客様の声に親近感を持ってもらうページを表示

6.時間別配信(曜日配信も可能)

機能;
指定した時間にページクリエイティブが表示される

活用例;
18:00~翌5:00の間に「夜間・深夜のお電話も受け付けています」
という文言のバナーを表示させる。(葬儀屋さんのサイトでよく活用されている事例です)

7.Cookie別配信

機能;
ある特定の値を保有したCookie情報別にページを表示させる

活用例1;
ECサイトで、購入履歴に応じてページの出し分けをを行う
(2回以上購入したユーザーへの不要な商品説明ページを省くなど)

活用例2;
会員登録型のサイトにて、ログインユーザーには「新商品」一覧ページを表示させ購買を促す。

活用例3;
婚活サイト等にて、男性には「男性用LP」を表示させ、女性には「女性用LP」を表示させる

配信セグメントよりも、今あるページをベストにする為の改善を

弊社のVWO機能だけでも、これだけの配信の振り分けが可能です。

「細かくセグメントを切って、クリエイティブを作りまくって配信」ではなく
例え、おおまかなセグメントであったとしても、
ユーザーのニーズ・心理を考え抜き、今のページを「ベスト」にする事が最優先ではないでしょうか。

短期で効果を出すためのA/Bテスト設計ガイド