SEO

SEO狙いでタイトル変更したら41位から1位に順位アップした事例

SEO狙いで自社ブログの記事タイトルを変更しただけでたった4日で検索順位が41位から1位に上ったSEO事例をご紹介します。

SEO順位UP

記事公開時はSNS向けのタイトルを設定

本ブログで8月31日(土)に公開した

【統計・有意差・検定を知ってる?】A/Bテストの2つの間違った計測方法事例

という記事。

元々のタイトルはSEOを意識せず、SNS上でよりクリックされるようなタイトルをつけました。

 

公開時のタイトルは

  • 【これを読めば失敗しない】A/Bテストの2つの間違った計測方法事例

というもの。

 

検索流入を増やすことを考えると「A/Bテスト」というワードの他に

「abテスト ○○」と2つ以上の単語を入力して検索された時に上位表示されるような単語をタイトルに含ませることが重要です。

そのような単語はGoogleのキーワードプランナー(かつてのキーワードツール)で調べます。

 

が、、、「abテスト」というワードの場合2語以上での組み合わせ検索量が少なすぎて表示されませんでした。

そんなときは検索エンジンにその単語を入力した後スペースを入れ、Googleが表示してくれる「よくある検索ワード」をヒントにします。

abテスト検索結果

対象の記事には「abテスト 統計」という検索ワードがマッチするのでSEO対策として「統計」というワードをタイトル内にいれることに決めました。

公開から3日後にタイトル変更

SNSからの流入も落ち着いてきた公開3日後の「9月2日(月) 19:40分ごろ」にタイトルを変更。

そのタイトル変更の直前に「abテスト 統計」というワードで検索した際、対象記事は41位でした。
※検索順位チェックにはシークレットモードを使用しています。

abテスト 統計 順位チェック9月2日

確認ですが、変更後のタイトルはこちらです。

  • 【統計・有意差・検定を知ってる?】A/Bテストの2つの間違った計測方法事例

意味が通じていない気もするので変更も検討していますが、

「統計」というキーワードの他に「有意差」、「検定」という

「abテスト」と一緒に検索されそうなワードも含めました。

タイトル変更後4日で検索順位1位に

タイトル変更から4日後の9月6日(金)に同様の方法で確認したところ

「abテスト 統計」というキーワードで対象記事が1位であることを確認し、その後も1位をキープしています。
※もしかしたら4日後より前に1位になっていたかもしれません。

「9月9日(月)10時17分」に取ったキャプチャがこちらです。

※検索結果件数の横に「○ページ目」と書かれていないことから1ページ目とわかるかと思います。

abテスト 統計検索結果9月9日

結論:複合ワードであればタイトル次第で公開直後に1位表示が可能

「abテスト」「統計学」などの単体のビッグワードではタイトルの調整だけで1位表示をさせることは難しいかもしれません。

しかし、2語以上の掛けあわせワード(今回の場合は「abテスト 統計」)であれば狙ったキーワードをタイトルに入れることで1位表示ないし上位表示させることが可能です。

 

掛けあわせワードは流入数こそ単体ビッグワードに劣りますが、

ニーズが明確になっているためユーザーの質が高く、

お問い合わせ・購入してくれる可能性が高いユーザーを集めらるというメリットもあります。

 

一方でタイトルにキーワードをいれることばかり考えてしまうと、

上位表示されたにも関わらずユーザーがクリックしてくれない魅力のないタイトルになってしまう危険性がありますので気に留めておきましょう。

 

  • 上位表示させたいキーワードをタイトルに含めること
  • ユーザーが目にした時にクリックしたくなるタイトルにすること

 

上記2つを意識すれば制作したコンテンツが検索エンジンに上位表示され、

かつより多くの人々に見てもらえるものになるはずです。

 

注)今回の記事は公開からの経過日数が少ないため変更前のタイトルでも日数が経過すれば41位以上に上った可能性もあります。この件は公開日時から数ヶ月たった記事で引き続き検証していきます。

集めたユーザーを売上につなげるための実践的解析入門